人参の種まき準備

今月、秋冬に収穫するためのニンジンの種まきを予定しているのですが、
今日はそのための準備を行いました。

人参の種をまく場所に透明のビニールをかけて、真夏の太陽に2~3週間さらします。そうすると、ビニールの下の土は高温になって、 雑草の種や病害虫を退治することができるんですね。ちょうど、車を炎天下に数時間放置した後のボンネットの上のような感じです。その後、ビニールをはがして人参の種を播くと、雑草が生えなく、人参の生育が良くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

たい肥の切り返し