光の春

今日はとても良い天気で、風は冷たかったですが、日差しは力強さを感じました。
ロシアでは2月を「光の春」と呼ぶそうです。
長く厳しい冬が終わりに近づき、少しずつ日が長く、空が明るくなっていくのを感じるからだとか。
2月3日は立春で、暦の上では春となりました。
寒さのピークは過ぎ、少しずつ春が近づいてきます。

先日、キャベツの苗を畑に植えました。
まだまだ朝晩は氷点下となる時期に可哀想な感じもしますが、
ビニールと不織布でできる限りの保温をしています。
収穫は5月の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です